×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肩こりと頭痛の関係

肩こりや首のこりからくる頭痛の関係と頭痛の種類の情報

肩こりと頭痛の関係

「肩こりからくる頭痛」 皆さんご存知でしょうか?

肩こりと頭痛の関係は深いと言われているのを。

もともと日本人には、肩こりや首のこりなどの悩みを抱えてる人が多いと言われています。

頭痛時に、肩こりや首のこりを訴える人が多く、その事から頭痛と肩こりの関係は深いと考えられているみたいなんです。

頭痛には、大きく分けて二種類あり 「片頭痛」と「緊張型頭痛」に分けられ、どちらも頭痛前や頭痛時に肩や首のこりを感じてると言われています

二種類とも、いわゆる「頭痛持ち」と言われるものです。

「片頭痛」は、時々起こり、ひどい人になれば、普段どうりに家事や仕事ができないほど、日常生活に影響がある頭痛ではないでしょうか。

片頭痛とは、頭の血管の拡張と炎症が原因で起こる頭痛と言われ、一回の発作においても、段階によって症状の変化がみられるみたいです。

大きく分けると、「予兆」 「前兆」 「頭痛」 「後症状」の四つに分けられ、

「予兆」は、ほとんどの人に現れる症状なんです。

片頭痛の予兆の代表的な症状は、「肩こり」や「生あくび」、「空腹感」などの症状があり、中でも一番多いのが「肩こり」なんです。

片頭痛が起こる前に、肩こりがひどくなってきて、首から後頭部に向かって肩こりがグーっと上がってくるようなこと感じたことないでしょうか?

これが、「肩こりからくる頭痛」なんです。

「緊張型頭痛」は、日常生活に影響を及ぼすほどの痛みはなく、長時間同じ姿勢などで仕事をしたときなどに、筋肉が緊張して起こる症状の事を言います。

また、首がきゃしゃな人や、なで肩の人は、首を支える力が弱いために、首の筋肉に負担がかかり、起こりやすくなるみたいです。

この事から、頭痛は、肩や首のこりを伴うことが最も大きな特徴として認識されており、肩こりと頭痛の関係は深いと言えるのでわないでしょうか。